スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ放送てれれ東京支部 休止のお知らせ

東京支部、川端です。
インターネット環境がなく、また、いろいろ悩んだりしていて
投稿がおくれました。

私の標榜していた「東京支部」は休止?しましたが、
路地と人さんが上映を続けてくださるとのこと。
引き続き、東京のてれれ、よろしくお願いします!
この「東京支部」って名前どうしよう…



以下、1ヶ月くらい前に書いたものですが、そのまま投稿します。

***

バタコ@カフェ放送てれれ東京支部、です。
連絡が大変遅くなってしまったことを、申し訳なく思っています。


3/11の地震で、家自体はつぶれなかったものの、死を予感する程に揺れ、家の中はめちゃくちゃになってしまいました。
ひどい余震が続くなか、自分自身の心身のダメージの大きさに耐えかねて
3月下旬より、広島県へ避難していましたが、
こちらに移住を決めました。


あの地震の前日、3月10日は、てれれ@theロック食堂。
戦争の記憶を語るという話から、阪神淡路大震災の記憶と後遺症について、
けっこう突っ込んだ話を皆でできた、その翌日のことでした。
しかも、ロック食堂という、東京の東北人のオアシスで。

東京も、被災地だと思います。たとえ家がこわれなかったとしても。
「またあしたね」って手を振って別れるとき、ちょっとだけ、次はほんとにあるのかな、と考える。
本数を減らし、昼には車内照明を消して走る電車で、通勤する。無事帰れるのかな、とちょっと考えながら。
そんな日常に、神経をちょっと麻痺させて生きることを選択する。

そして、
多くの友人たちの実家が、東北だったこと。
東京が、東北出身者の集まりだったこと。
大切なひとたちが深く深く傷ついて、街はいつまでも揺れて、停電におびえ、放射能におびえ。




「当事者による発信」が、あらゆる当事者をエンパワーすること
小さくてほんとうのことは、伝わるところではかならず伝わるということ。
それを信じて、てれれをやってきました。
その信念自体を、根こそぎ揺らし、押し流して、なにもなくなってしまった、ように感じました。

根こそぎの破壊。
一見、これといってかわらないように見える、同じまちが、
根っこのところで何かが崩れてしまった。
前と同じではいられないのだ、ではどう生きようか。
考えざるをえませんでした。


あれから2ヶ月経ちました。
前と同じではない、でも
大切なことの芯のところは継いで、新しいものをつくってゆく。
根こそぎ失ってしまったという絶望と、新しいことの予感。

ここからの発信を、てれれで続けていきたいと思っています。
どなたかぜひ、東京でのてれれを、続けていただけたら、
作品を通してまた、お会いできるかと思います。
てれれをやりたい、というかたがいましたら、
てれれ事務局へお問い合わせください。
てれれメーリングリストも役に立つと思います。(私も参加しています)



私はいま、高根(こうね)島「あーねこーね塾」にいます。
広島県、瀬戸内の島。
これから島じゅうで、みかんの花が香ります。
あいかわらずここで、島の人たちと、てれれをやってます。
東京支部→高根支部ですね。

ぜひ、あそびにきてください。
何もなくてすべてがある、のんきでゆたかで、すばらしい島です。
島の人たちとの日々の暮らしが、あーねこーね塾に新しい展開をもたらし、
てれれやここに来る旅人たちが、島に新しい風を運ぶ。
すてきなことが始まろうとしています。

震災からだって、何からだって。みんなここに避難すればいい。
1週間のぼんやりと、ここの風と光とうまいメシが、世界を変えると
おおげさでなく思っています。

島のおいしい野菜と魚のごはんつくって、お茶いれて、
今までと変わらず、お待ちしています。



2011年5月11日
バタコ(カワバタトモコ)


***
カフェ放送てれれ東京支部→高根(こうね)支部? バタコ
Twitter ID:@syrdarya1975
★島のこと、ハッシュタグ #mikanyama でつぶやいています
★「みかんやまTV」気まぐれに配信しています
ツイキャス→http://twitcasting.tv/syrdarya1975
youtube→http://www.youtube.com/user/mikanyamatv
スポンサーサイト

FMわぃわぃ「東京ラブレター」で、てれれ愛を叫んできました

FMわぃわぃ「東京ラブレター」に出演しました。
きいてくださった皆様、感想くださった皆様、
ありがとうございました。

〈↓聴けます〉
銭湯で上映会!どんな思いも表現できる場所を~カフェ放送てれれ東京支部~
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F736
東京・西荻窪の銭湯でユニークな上映会が開催されている。多様な声を表現する場として、カフェ放送てれれの東京支部を立ち上げた川端さんに思いを伺った。


***

あらためて思ったのですが
私は最初から、「だれでも放送局になれる」ということ、
てれれを開催することはとても簡単で、誰でも始められることだ
ということに、とても魅力を感じていたんだなと思いました。
「放送する人になる」というのも、てれれのナイスな楽しみ方ですよ☆ と
声を大にしていいたいのです。


てれれをやるまで、私はこのまちで、おきゃくさんでした。
ただ住所がここにあって、家賃払って住んでて、お金払ってお店で買い物をするだけの人です。
お金がないと、食べることも住むこともできない。誰かと知り合って話をすることさえできない。
私は、それがつらかった。この国で生きていくということに、絶望に近い気持ちでした。

てれれを始めてから、おきゃくさんじゃなくなった。
このまちと初めてコミットした感覚。
もう単純に、それがうれしかったです。

***

もちろん、ただそれだけだったら
「落ち葉を積んだ山のうえでのたうちまわる会」でも何でも、
別になにを主催したっていいわけですけど
パブリックアクセスチャンネルとして、てれれはずば抜けて秀逸だと思っていて
(理由はラジオの後半で述べました)
こんな自由なメディア、
みんなが「自由」を実現し表現するためにこんなにがんばってる人たちの集まり、ちょっとないよ!

ある人から「てれれはアングラな、キワモノ映像の上映会」っていう評価をされて
なんか棘みたいに心にずうっと刺さっていました。
絶対に違うのに。自由ってそういうことじゃないのに。

差別偏見のただ中にある者にとって、
インターネットはいちばん使えない、こわくて使えない発信手段だったりする。
youtubeやUstreamは万能じゃない。
インターネットは決して「なんでも」言えるわけじゃない



東の果てから、これからも応援します。
相変わらず、誰も来ないんじゃないか盛り上がらないんじゃないかと戦々恐々とする、
いつものてれれを続けていきたいと思います。

だ か ら 来 て ください
11/28【風呂放送てれれvol.3】
http://tereretokyo.blog21.fc2.com/blog-entry-9.html

【ethica*5&6月号】新聞スリッパを折ります。

【てれれ5&6月号 ethica*】にて
今回上映の『地震災害から家族の命を守ろう』
(社)兵庫県建築士会 E-ディフェンス兵庫実験研究会さんより頂いた資料に、
「新聞スリッパ」の折り方がありました。

折ってみましょう!

…ということで、
5/30エチカ上映に参加される方、ぜひ古新聞をご持参ください。

★5&6月号 上映内容
http://www.terere.jp/program/2010/201005/201005.htm

プロフィール

誰でも映像制作者になれる! 誰でも放送局になれる!

てれれ東京支部

Author:てれれ東京支部
てれれって何?
ビデオみて、みんなでおしゃべりする会です。
一般の人から集めた映像を、無審査で全て上映してます。
技巧ではなく伝えたいことを伝える、
マスメディアにはのらない、小さくてほんとうの声を伝える「放送局」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

#cafeterere

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。